【激エロ】官能小説まとめ

人妻、素人、JK等の官能小説、恋愛小説、アダルト小説を完全無料で公開しています♪
【激エロ】官能小説まとめ TOP > スポンサー広告> 寝取り寝取られ系エッチ官能小説 > 妻の妊娠 (寝取られ体験談)

妻の妊娠 (寝取られ体験談)

【キモ親父】娘と行ったプールで娘を餌にJD3人組に痴漢しまくった結果・・・・・・・・・・・・
色白の美人人妻にフ●ラチオをさせてる画像や全裸画像を撮影した男性が掲示板に投稿www
マイクロビキニでお尻丸出し素人の極小水着エ□画像
童貞を殺すと言われている「例のセーター」横乳と背中が見えるバージョン→ガチでエ□すぎる件!
【衝撃】痴漢常習者の俺がフリーズするほどの爆乳JKを見つけた結果・・・・・・・・・・・・・・・

妻の上司は妻帯者ですが、精力抜群で仕事も出来る存在です
中年太りハゲデブでテカテカとして、何処がいいんだろうと思いますが、妻にとってはそこが可愛いそうです。
すぐ子ともが出来るご夫妻で、三人目のお子様を奥さんが妊娠中なので、妻に手をつけ、これもあっさり妊娠させてしまいました
妻は愛する彼氏との子供の妊娠に喜んでいます
私たちに子供はいません
妻は産みたがっています 私も子供は好きなので、大事に育てる自身はあります
上司はことがことだけに、ちょっとビビッてはいますが、男らしく認知するつもりはあるようです。
でも、認知してしまえば私たちの子供としては育てられません。
ばれて離婚になったりしたら、上司の三人のお子さんたちもちょっと可愛そうです

妻の美紀は色白むっちり小柄で、出るとこは出て、そう美人ではありませんが、いわゆる男好きがするというのか、大柄な高橋部長が、自慢の自分の巨根を突っ込んだら気持ちいいだろうなあ・・・と。
考えるのが良く判るようなパンと張ったお尻です。
体格差があるので、締りがよく感じついつい中出ししたくなるのは男として当然なのかもしれません。
出産費用は30万くらいかかるということで、部長の奥さんがかかっている産院で母子手帳をもらってきました。子供は可愛いので、私も部長も認知はするつもりです。部長が払うといっていますが私は認知はするつもりです。可愛い妻の美紀の子供ですから。
妻に言わせると、反りと言いカリと言い、実に気持ちよく当たるので「男の名器」で、セックスしていると部長のテカテカハゲ頭をついつい抱きしめたくなるそうです。
奥様が里帰り出産で帰省しているので、「手伝ってあげなきゃ・・・」と、嬉々として出かけていきます。
「たまった洗濯物」や、「たまった炊事」や、「溜まったアレ」を処理してあげるとのことでした。
たまっているので、処理に一晩中かかり、帰りは翌朝。あるいは、昼になります。

そうですね、極太で目覚めた部分があるかもしれません
部長のお子様がかわいそうなので、妻が部長に離婚を求めることはなさそうです

あくまでテンポラリーな関係です。
三人目が生まれたら部長さんも嬉々として子育てに協力することでしょう
これまでもそうだったようです
ですから私たちも離婚の予定はありませんし
生まれたら、私も夜鳴きの時でも進んで子育てに協力するつもりはあります

部長は長いので天井まで届き、こじ開けるように大量射精するので、「あ。妊娠した」と言う実感があったそうです。
「あなたは、細くて短いから心配ないわね?」と嗤いますから、私はパイプカットしなくてもいいそうです。

部長の奥様は部長を愛しているので、時々実家からラブコールがあります
体育会系で、スタミナ抜群の部長は、奥様に電話で「愛してるよ」と、言いながらでも息を乱すことすらなく、家に連れ込んだ妻に、ゆうゆうと突きこみます
電話の向こうの奥様に知られないように、妻は喘ぎ声をこらえるのがたいへんなのだそうです。

そんな妻と一つ屋根の下に住んでいるのは、もちろん幸せなことで勃起しては、妻に挑みますが「ああん・・・部長にワルいい・・・」と、言いながらも私の小物も受け入れてくれます
『口直し』だそうです


>究極の寝とられ話に共感してます。
>最愛の奥さまを未知の快楽を与えてくれる彼の事までも崇拝し愛情を感じてるご主人のこと理解できます。
>僕ら夫婦も同じ体験してます。
>ただ、僕らには3人の子供が居たため堕胎手術しました。
>これまで何人もの男性と遊んでましたが、確実にコンードムなど失敗なく避妊してきました。
>何十人目かに出会った男性とは遊びを超え溺れてしまったのです。
>経験豊富な妻がここまで虜となった事に寝とられとして夢のような歓びでした。
>妻自ら彼との事をこと細かにまるで今も彼の巨根で突かれてるかの様に喘ぎ声で話してくれます。
>そんなある夜中、火照りを残し帰宅した妻といつもように全身を舌で愛撫してました。
>彼の汗臭さにリアル感に狂いユルユルの膣に挿入しました。
>いつもと違う挿入感でその部分を見たら僕のソチンが白い粘りのゼリーに包まれてました。
>まさかっと舌を入れたら苦く青臭い精液でした。
>「もしかして生だし?」
>「うんそうよ! どうしても外したく無かったのっ 中に出してって頼んだのっ ドクドクって凄い感じたわっ また欲しいよ!」
>そんなに狂いまくってる妻が尚愛しくなり
>「いいよっ そんなに良かったのっ いっぱい出して貰いなさいっ 俺も嬉しいよっ」
>「嬉しいっ あなた愛してるっ いいの Aの入ってても 愛してくれる?」
>「うん 最高に興奮するよっ Aに会えて俺も嬉しいよっ 君をこんなに夢中させるAの事、好きだよっ」
>「じゃ Aの後、舐めてくれる? 絶対よっ」
>「うん いっぱいにして来て!」
>「ちゃんと起きて待っててよ!」
>妊娠も間もなくでした。
>堕胎後、リング避妊処置しました。
関連記事

違う体験談を探す

[ 2017/04/27 10:32 ] 寝取り寝取られ系エッチ官能小説 | TB(-) | CM(-)
人気ランキング
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。