【激エロ】官能小説まとめ

人妻、素人、JK等の官能小説、恋愛小説、アダルト小説を完全無料で公開しています♪
【激エロ】官能小説まとめ TOP > スポンサー広告> 寝取り寝取られ系エッチ官能小説 > 渡辺さんとFカップな彼女2 (寝取られ体験談)

スポンサーサイト

【キモ親父】娘と行ったプールで娘を餌にJD3人組に痴漢しまくった結果・・・・・・・・・・・・
色白の美人人妻にフ●ラチオをさせてる画像や全裸画像を撮影した男性が掲示板に投稿www
マイクロビキニでお尻丸出し素人の極小水着エ□画像
童貞を殺すと言われている「例のセーター」横乳と背中が見えるバージョン→ガチでエ□すぎる件!
【衝撃】痴漢常習者の俺がフリーズするほどの爆乳JKを見つけた結果・・・・・・・・・・・・・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違う体験談を探す

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

渡辺さんとFカップな彼女2 (寝取られ体験談)

【キモ親父】娘と行ったプールで娘を餌にJD3人組に痴漢しまくった結果・・・・・・・・・・・・
色白の美人人妻にフ●ラチオをさせてる画像や全裸画像を撮影した男性が掲示板に投稿www
マイクロビキニでお尻丸出し素人の極小水着エ□画像
童貞を殺すと言われている「例のセーター」横乳と背中が見えるバージョン→ガチでエ□すぎる件!
【衝撃】痴漢常習者の俺がフリーズするほどの爆乳JKを見つけた結果・・・・・・・・・・・・・・・

ワガママかもしれませんが、彼女が他の男性と寝る時は、自分は見ていたい訳で、
自分の知らない所でそういうことがあるのはイヤだったりします。
そのことを彼女に言ったことがあるんですが、彼女は怒り出して、渡辺さんとそういうことあったから、と話してくれました。
あのことがあった週明け、夜帰ろうと教室の戸締りをしていた時に渡辺さんが戻ってきたそうです。 そこでもう一度しようみたいな話しになり、彼女は最初拒んだそうですが、やはり一度関係を持ってしまったことで断りにくいのと、
逆ギレされて誰かに話されたら困るのと、学校を辞められても困ると。
それにやっぱり体が覚えていて、体を引き寄せられ、固くなったアレをお尻に押し付けられて、そのまま教室でヤッちゃったらしいです。
そんな関係が卒業する9月末まで何回もありましrた。

彼女が渡辺さんに流されそうになったこともありましたが、結局、自分は浮気してないし、
彼女が好きという気持ちに嘘はなく、少なくてもそれは理解してくれたようです。
前に自分が見てない所で他の男と寝るのはイヤだ、と言った話しをした時は本気で怒ってましたけど。
その話しがあった週明け、初めて彼女から渡辺さんを誘ったらしいです。
僕に対して思うところがあったみたいです。仕返しみたいな感情もあったのかもしれません。

その日は前の週に渡辺さんから貰ったセクシーランジェリーを身に着けて出勤し、授業中、
渡辺さんの机に近付いて「今日、終わってから用事ありますか?」そう言って誘ったそうです。
でも渡辺さんは、もうあんなことは止めてくれって言う話しをされると思ったのか、戸惑った表情をしたそうです。
それでどうしたの?って聞いたら、マウス操作している渡辺さんの腕に胸を押し当てて、
ブラウスのボタンを外してセクシーランジェリー越しの乳房を見せたそうです。
そのランジェリーは黒で殆どがシースルーのような素材で出来ていて、刺繍のような模様でかろうじて乳首が隠れているだけの物でした。
なので仕事中、動いたりしていると位置がずれて、渡辺さんにチラっと見せた時もシースルー越しに乳首が見えていたそうです。
彼女も興奮していたそうで、渡辺さんの指を握って彼女自らブラジャー越しに乳首を触ってもらったと言ってました。
後は授業が終わった後、立ちバックで渡辺さんにヤラれたそうです。
この話しが聞いた中では一番興奮した話しです。
需要があったら書きますね。、

ありがとうございます。ではお言葉に甘えて↑を。
彼女から聞いた話しなので、想像して書いた部分もあります。
その日彼女は週末の僕との話しに怒っていて、上手く言えないけど、僕に対する怒りと、寂しさとかが混在していたそうで、誰かに慰めて欲しいと思っていたそうです。
朝、シャワーを浴びて着替えようとした時、渡辺さんから貰ったランジェリーがあったことを思い出して着けてみたそうです。
インターネットで買ったというそのセクシーランジェリーは、色は黒で素材はシースルーで出来ていて、胸の部分は半分ほどしか隠されていなくて、刺繍模様の間からシースルー越しに乳輪や乳首が見え隠れしていたそうです。
インターネットの通販で購入したせいかサイズが少し小さかったのか、元々そういうデザインなのか、少し動くだけでも刺繍の隙間にあるシースルー部分に乳首が飛び出て薄い布地をツンと押し上げたり、カップから乳輪の上の部分が見えたりしていたそうです。
下はやはり透けた生地で出来ていて、黒の布地越しに彼女の陰毛が見えていて、Tバックでヒラヒラの透けたレースがお尻部分に付いているデザインでした。

彼女自身そのセクシーランジェリーを着けた自分の姿を見て興奮したそうで、その時に今晩そういうことがあれば、拒めないだろうなって思っていたそうです。
この時はまだ自分から誘うことは考えていなかったそうです。
昼間の授業が終わって夜間の授業に入り、渡辺さんはその日、遅刻してやってきたようです。
よく遅刻をする人だというのは前から聞いていたのですが、その日も遅刻してきて、
初めてもし今日来なかったらどうしよう?と思った彼女がいて、彼女自身、何かに期待している自分に気付いたと言っていました。
渡辺さんは癖のある人のようで、授業中彼女に頻繁に話しかけたりする日もあれば、
ムスっとして誰とも言葉を交わさない日もあり、決まってそういう日は授業が終わると同時に一番に教室から出ていくそうです。
その日はそのムスっとした日で、多分このままだと何もなく終わる一日だったと思います。
普段だったら彼女もそんな日は歓迎したのかもしれませんが、その日は朝から抱えているモヤモヤというか、
悶々とした気持ちを抑えられなかったようで、彼女から積極的に話しかけていたそうです。

そばに行き話しをしている時に、チラチラと彼女の胸の谷間を嬉しそうに見る渡辺さんの顔を見て、
今までのことを少し思い出して少しえっちな気分になったと思う、とのことでした。
彼女は渡辺さんのすぐ近くに寄り添い、緊張した面持ちで聞いたそうです。
「今日、終わってから用事ありますか?」
でも渡辺さんは戸惑った表情をしたそうです。
彼女の予想では喜んで頷いてくれると思っていたそうですが、そんな表情をされて彼女の方も戸惑ったようです。
渡辺さんは少し困ったような、淋しそうな感じで「なんの話しですか?」と聞き、
彼女はきっともうあんなことは止めましょうという話しをわたしがすると思っているんだ。そう思ったそうです。
その渡辺さんの困ったような、淋しそうな顔を見て、彼女はきっと胸がキュンとしたんでしょう。
彼女は渡辺さんに寄り添うように膝間付いて座り、ブラウスのボタンを二つ外したそうです。
はだけたブラウスを大きく広げ、右の乳房を見せました。
自分の視線を下へ向けると、渡辺さんから贈られたランジェリーに包まれた彼女の乳房が見えたそうです。

カップから乳輪が少し出ていて、刺繍模様の隙間からシースルー越しに彼女の乳首が薄い布地を押し上げていたそうです。
その自分の姿と行動に興奮したと言っていました。
渡辺さんの目もあの日の夜のようなギラギラしたものになっていて、それも興奮したそうです。
彼女は他の生徒さんに気を使いながら、おもむろに渡辺さんの手を取り、指を握って薄い布地を押し上げている乳首に導きました。
渡辺さんは器用に指先を動かして彼女の乳首を弄ると、すぐに彼女の乳首は勃起して薄いシースルー生地をいやらしく押し上げていたそうです。
渡辺さんに乳首を摘まれ、親指の腹で乳頭を弄ばれた時に小さく「ぁっ・・」と声が出てしまい焦って周りを見回しました。
誰にも気付かれていなくてホッとしましたが、渡辺さんは歯止めが利かなくなったのか、ブラジャーの中に手を入れて直に彼女の乳房を揉んだそうです。
彼女は慌てて渡辺さんを制止してブラウスのボタンを留めなおし、席を立とうとしたそうですが、その際、渡辺さんに手を捕まれ、
固く勃起した渡辺さんのアレをズボン越しに触らされたようです。

授業時間はあと1時間半ほど残っていたそうですが、その間も何度か質問で呼ばれて行った時に、ブラウスの上から乳首の辺りを摘まれたりしたそうです。
そんなこともあって彼女もかなり興奮していたようです。
授業が終わり、いつも通りみんなが帰った後、渡辺さんがコンビニの袋を持って戻ってきたそうです。
彼女は少しお酒が入った方がえっちになるとすでに知っているようでした。
渡辺さんは部屋に入ると自分で施錠し、教室の明かりを消しました。
どうやら二人で教室でする時は、いつもそうしているようです。
この教室は入り口で靴を脱いでスリッパに履き替えるスタイルで、教室の部屋の中は絨毯みたいなのが敷かれていて、そこへ二人で対面で座ったそうです。
缶ビールを彼女に手渡し一緒に飲もうと言われたのですが、彼女は「今日飲んだら、ものすごくえっちになりそうだから・・・」
そう言って拒んだそうです。
その言葉で渡辺さんは興奮したようで、強引に口移しで彼女にビールを飲ませました。
「先生、えっちになりましょうよ」そう言いながら何度も口移しでビールを彼女に飲ませ、その度に激しく舌を絡ませました。

ブラウスの上から胸を激しく揉まれ、最後は彼女の方から激しく舌を絡めていたそうです。
500mlの缶ビール2本を、口移しを混ぜながら飲み終わった時に彼女は、自分の欲情が押さえが利かなくなっていたそうです。
彼女の方から渡辺さんに激しく舌を絡め、Fカップの胸を体に密着させました。
唇を離すと「・・おっぱい触って・・・」そう言って渡辺さんの手を取り豊満な乳房へ。
ブラウスの上から激しく胸を揉まれ、ブラウスの上からでも分かるぐらい勃起した乳首を弄られ興奮した彼女の口からは甘い吐息が零れていたそうです。
乳首を弄られて、さらにえっちな気分になった彼女は、胸の谷間で見え隠れする黒のブラジャー姿を見せたくなり、
自分でブラウスのボタンを外して「渡辺さんから貰った下着着てきたんですよ・・・見たい?・・」
そう言ってブラウスを脱ぎ、わざと見せ付けるように、ブラジャーから胸が零れ落ちるぐらい胸を前に迫り出したそうです。
右のブラジャーのカップからは乳輪が見えていて、かろうじて乳首が隠れているだけ。
左のブラジャーはカップから乳房が溢れ出ていて、乳首も見えていたそうです。

彼女は立ち上がりそしてスカートを脱ぎ捨てました。
渡辺さんの目の前に彼女の下着越しに透けた陰毛と、透けたブラジャー越しに映る乳輪と乳首。
興奮した渡辺さんが「ゆっくり回ってみて」と言われ、彼女はゆっくりと回り、渡辺さんにじっくり彼女の淫靡な肢体を見せてあげたそうです。
鼻息荒く彼女を視姦し、今にも襲い掛かって来そうな渡辺さんに、彼女も物凄くえっちな気持ちになり、渡辺さんをもっと欲情させたいと思ったとのことでした。、
そして彼女は僕が好きでたまにやってもらっていたことを渡辺さんにもしたそうです。
彼女は豊満な乳房を両腕で挟んで寄せると、前屈みになって渡辺さんの顔に近付け、
「・・見て・・・興奮しますか?」
シースルーの布地を彼女の尖った乳首がツンと押し上げていて、渡辺さんの温かい鼻息が胸に当たって感じたそうです。
彼女がさらに胸を反らすとブラジャーから乳首が飛び出し、その勃起した乳首を渡辺さんの唇に触れるか触れないかの所まで近付けました。
渡辺さんはたまらず彼女の乳首を口に含んで、舐め回したそうです。

舌で乳首を舐められ、もう片方の乳首を指で弄られて彼女の口から「あん・・あっ、ぁぁ・・・」と甘い喘ぎが出たそうです。
耐えられなくなった彼女は渡辺さんに抱きつき、キスをしながら着ていたTシャツを脱がせました。
座ったままの渡辺さんのズボンを脱がせ、大きな乳房で足を挟み、そこから上がっていき、ブリーフの上からでも分かる固くなったアレを胸で挟んで、そのままお腹、胸板、そしてまた口へと乳房を移動させました。
彼女は渡辺さんの頭を自分の乳房に押し付けて「・・舐めて・・・」そう言って目を閉じたそうです。
乳房を舐められながら股間もパンティ越しに弄られて、彼女は堪らなくなって渡辺さんの手を払いどけると、腰を下ろし、腰を振ってお互いの下着越しに性器を擦り付けたそうです。
僕が好きでやってもらっている行為を、渡辺さんにもしていると聞いて、嫉妬というか、とても興奮しました。
この日の彼女は僕が知らないぐらい興奮していたみたいです。
彼女は腰を振ることで、敏感な部分が渡辺さんの勃起したアレに擦れとても感じていたんでしょう。
「・・ぁぁ・・今日のわたし・・変なんです・・・はぁはぁ・・・渡辺さん」

そう言って彼女からブリーフを少しずらして、あらわになった亀頭部分を咥えたそうです。
僕が彼女の口の中でイッた時と同じように、と言っていたので、彼女は渡辺さんの亀頭部分を口に咥え、舌先でチロチロと尿道あたりを舐めたり、
亀頭の裏側を口に含んで舐めたり、先の方だけ咥えて上下にピストン運動したりしたんだと思います。
渡辺さんもイキそうになってアレがピクンとした時に、僕にも言ったことない言葉を渡辺さんに言ったそうです。
「・・イッちゃダメ・・・イクときはわたしの中でイッて・・・」
強引に体を引き寄せられた彼女は、身を任せるように背中を向けて渡辺さんの足の間に座ったそうです。
彼女は手を再び取って自分の乳房へ導き、わざとお尻を固くなった渡辺さんのアレに押し付けました。
渡辺さんはブラジャーの縁に手を掛けると一気にずらし、乳房をあらわにしました。
揉むごとに形を変える彼女の胸の膨らみの感触を楽しんだ渡辺さんは、右手を彼女の股間へ滑り込ませ、薄いパンティ越しに彼女の秘部へ指をなぞらせ始め「あっ・・ぁっ、ぁっ・・・」
敏感になっていた彼女はすぐに反応してしまったそうです。

パンティの隙間から手を差し入れ、直接彼女のアソコへを弄りだし「先生、すごく感じてますね」と言われた通り、彼女はもうかなり濡れていたようです。
彼女は足を閉じていたみたいで「先生、足を開いて」と言われ「・・ぁん・・こう?」そう言って言われるまま足を大きく開き、
渡辺さんの手が動く度に大きく響くピチャピチャという自分の体が出す音にものすごく興奮したとのことでした。
興奮した彼女は、お尻に押し当てられている固くなったアレを握り、上下に擦っていたそうです。
渡辺さんの指が彼女の中へ入ってきて、彼女はすぐにイカされそうになったとき、彼女は渡辺さんの固くなったアレを握りながら
「あぁん・・あっん・・指はいや・・・渡辺さんのコレでイカせて・・・・」
「コレじゃなくて、おちんちんって言ってみて。言わないとこのまま指でイカせるから」
「あぁん・・やっ、やん・・・ぁぁ・・おちんちんでイカせて・・・渡辺さんおちんちんで真奈美を気持ちよくして・・・・」
彼女はそう言った後、渡辺さんの固くなったアレにキスをし、少しだけ咥えた後、立ち上がって壁に手をつきました。

足を開き、そしてお尻を渡辺さんの方へいやらしく突き出し、左手でパンティを横へずらして濡れたアソコを曝け出して、
「・・ねぇ・・・入れて・・渡辺さんのおちんちん入れて・・・」
渡辺さんはブリーフを脱ぎ捨て、一気に彼女の中へ固くなったアレを挿入してきたそうです。
お尻をしっかり掴み、これでもかと言うぐらい、激しく彼女の中へ突き入れ、彼女の中を大きなアレで犯しまくられたそうです。
彼女の乱れ方も凄かったようで、「・・あぁっ・・・すごい・・渡辺さん・・気持ちイイ・・・」
「・・ぁぁん・・・これ以上されたら・・・あぁん・・」
「・・・もうダメ・・・我慢できない・・・イッちゃう・・・」
そう言って彼女の方からお尻を振り、上下に腰を振って快感を貪ったそうです。
渡辺さんも興奮していたのか、この日ははやく、「先生、こっちもイキそうだ」そう言ってさらに激しく腰を打ち付け、
彼女も押し寄せる快感の波に飲まれるように「・・・もうダメ・・・あっ、あっん・・・」「せんせい、せんせい・・・もうやばい」
「・・イッて・・・わたしの中でイッて・・・いっぱい出して・・」

そしてその言葉通り、渡辺さんは彼女の中で果て二人で繋がったまま、しばらくグッタリしていたそうです。
その日はもう終電もなくなっていて、二人は教室に泊まって、朝始発でお互い帰ったとのことでした。

あと>>722さんの言うとおり、彼女と渡辺さんはまだ繋がっているみたいです。
10月の中旬、卒業した人達で飲み会があったそうですがそこで2週間ぶりに再会して、
そこから週1回程度で会っていたとこの間知りました。
きっかけは12月初めに忘年会があったのですが、彼女がその日帰って来なかったことから分かりました。

自分としてはそれほど大きな心配はしていなかったりします。
相手は年をくってますし、何より無職ですし。
こういう展開を望んでいなかった訳でもないですし。
ただ、ちょっとジェラシーを感じる部分もあって、特に最近はそれが加速することがあって、
彼女の勤めている教室は、ステップ1と呼ばれる3ヶ月のコースだったんですけど、
来月1月からステップ2のコースになってしかも6ヶ月という長丁場です。
どうやらそのコースにまだ就職の決まっていない渡辺さんが申し込んできて採用になったようなんです。

渡辺さん自身がハローワークで調べて知って、そのコースに申し込んできたのか、
彼女から話しを聞かされたり、勧められて申し込んできたのかは不明です。
どちらにしても採用不採用の決定はオーナーだけじゃなく、
現場の彼女の意思も大きく左右されているハズですから、来月からまた二人は一緒の教室で過ごすのかと思うと
ちょっと胸がざわざわするのも正直あります。

関連記事

違う体験談を探す

[ 2017/05/01 14:48 ] 寝取り寝取られ系エッチ官能小説 | TB(-) | CM(-)
人気ランキング
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。